お知らせ&トピックス詳細

美容と安全を両立!窓ガラスフィルムで紫外線対策を

カテゴリー:トピックス

【更新日】2024.03.18

コロナ禍をきっかけに、在宅時間が増えたり、オンラインミーティングが行われるようになり、自分の顔を鏡や画面越しに見る機会が増えて、顔のお手入れを始めたという男性が増えました。

そこから習慣になって、美容意識が高まった男性も多いと聞きます。

実際に男性化粧品の市場規模は5年で1.5倍にも伸びたとされています。

快空では、オフィスやご自宅に紫外線をカットする機能をもつフィルムを貼るという提案をいたします。

紫外線が肌に及ぼす影響とは??

男性も女性も変わらず、美容の基本は保湿と紫外線対策だと言われています。
なぜ紫外線対策をしなくてはいけないのでしょうか。

紫外線とは?

紫外線は、太陽光から降り注ぐ不可視光線で、波長によってA波、B波、C波に分けられますが、肌に影響を与えるのは主にA波とB波です。

  • A波: 肌の奥深くまで浸透し、真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊する。シワやたるみの原因となる。
  • B波: 表皮にダメージを与え、日焼けやシミ、ソバカス、皮膚がんの原因となる。

室内にいたら、そんなに影響ないでしょ?とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、紫外線のA波は曇りの日でも地上まで届き、さらに窓ガラスも透過します。

家具や畳が日にあたる範囲は日焼けしてしまうのと同じで、屋内にいても、紫外線対策は必要なのです。

よくある紫外線対策

では、どのように対策をしていけばよいのでしょうか。

日焼け止めを塗る

多くの男性の考えでは、日焼け止めはゴルフやレジャーなど長時間外にいるような場合に塗っておくものというイメージがあると思います。

しかし、先ほど申し上げた通り、紫外線は室内でも影響をもたらすものですので、外にでる機会がない時でも塗っておくのが万全の対策といえます。

外出時は帽子・サングラス・日傘を持つ

最近では、男性向けの日傘もたくさん発売されて、持っておられる方も増えてきました。

多くは夏の暑さ対策として日傘をさす方のようですが、美容対策としてもUVカット対策の施された日傘はかなり有効です。

窓ガラスに紫外線対策(UVカット)フィルムを貼る

『面倒なことは何もしたくない。けど、紫外線は気になっている』という方にオススメなのが、窓ガラスに紫外線対策フィルムを貼ることです。

紫外線を99%カットする機能も持ち合わせ、さらに何かの衝撃で割れたガラスが飛び散るのを防ぐ飛散防止や、お部屋の温度を外へ逃がさない遮熱効果もあります。

下記のオススメ製品は、どちらも透明フィルムですので、室内が暗くなることもありません。

おすすめ窓ガラスフィルム

  • 3M:SH2CLAR
  • タクミ:SN50

まとめ

女性に限らず、小綺麗にしておきたいという男性も増えてきました。
コロナ禍がおさまり日常が戻ってくると共に、オフィスへの出社率も少しずつ高まっています。

ひと昔前より歓送迎会なども頻度も減ったように思いますし、その分の経費を福利厚生として、窓ガラスフィルムにあててはいかがでしょうか。

防災やエコ効率の観点からも、美容の視点からもとても優れているので、会社も社員もみんなが嬉しい方法だと思います!

窓ガラスフィルム施工に関するご相談は大阪『快空』までお気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら